BLOG

ブログ

映像クリエイター 今福彩夏の日々の記録や想いを自由に綴っています。

「ほぼ」毎日更新を目標にマイペースで投稿。撮影のこと、お仕事のこと、プライベートのこと。

まずは、どんな人間か知っていただき、少しでも身近に感じてもらえればと思います。

昨晩、関空から飛行機に乗りカンボジアに来ています。

単に「花火ツアーに参加しに来た」と言えばそれまでなのですが、花火を観に来たわけではなく、その先の感動に触れに来ました。

日本では、当たり前のように行われる花火大会。その花火は何で作られてるか?火薬ですよね。
私たちは日常で意識してないかもしれませんが、つい40年ほど前まで争いが起きていたカンボジアでは、火薬はとても怖いもの。人が人の命を奪うためのものでした。
そんなカンボジアの子どもたちに、花火を通じて感動を与えたいというお話を、
去年の夏前に、NPO法人HEROの橋本代表、葛城煙火の古賀社長のお話を聴きました。私はそのお話に感動して、やはりどうしてもリアルを感じたいと思いました。

自分、そして日本人にとっての当たり前、無意識なことが実は当たり前じゃない。そんなことはたくさんあると思います。

視野を広げて、目線を変えて見ることで、もっと美しい世界が見える、それを体感して学ぶために行動しました。

これは花火だけでなく、様々な物事に置き換えられることだと思います。

ペン1本見てもそうです。
文字を書く。どんな言葉を綴るかによって、その先の相手を感動させることも、時には悲しませてしまうことも。
文字だけでなく、絵を描くこともできる。ペンそのものをプレゼントしてみる。

今、自分の持っているもの、技術。
これらは、使い方、捉え方によって、大きく変わります。

私にとってのそれは、カメラというもので、映像制作という技術です。

お客さまのお客さまに喜んでもらいたい。
私はそんな想いで、お仕事をさせていただいてます。


海外の公共Wi-Fiはホームページのセキュリティ上あまりよろしくないので(乗っ取り発生の可能性大)、2/21に綴った文章を時差投稿しています。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。